注文住宅なら鉄骨、木造、RC住宅まで幅広いご対応が可能、岡本製作所は創業50年の建設会社です

お問い合わせ

電話番号:086-272-1924


2021年6月21日

注文住宅のキッチンで失敗しない方法を簡単にまとめました!!

こんにちは!

岡山での注文住宅なら 鉄骨・木造・RC住宅などの幅広いご対応が可能な有限会社岡本製作所の広報です

 

女性が注文住宅を考える時に必ずと言って 悩まれるのがキッチンです。多くの方は、

「キッチン選びで失敗したくない」

「 オシャレで使いやすいキッチンは?」

「 価格が安いけど安く見えないキッチンは?」

など、 デザインについての 様々なお悩みがあります。

しかし、「キッチンの形やデザインを意識しすぎて、使い勝手を考えていなかった」ことが調査の結果わかりました!

失敗しないキッチン選びの秘訣は『キッチンの種類とメリットとデメリットをよく把握して決める』ことです!

岡山 注文住宅 キッチン1

今回のブログではキッチン選びに失敗しない為の、種類やメリット・デメリットを詳しく紹介していきますので、是非参考にしてみてください!^^

 

 

目次

1:キッチンの種類についてメリット、デメリット

2:キッチンの形について

3:形のメリット、デメリットについて

 

 

1:キッチンの種類についてメリット、デメリット

キッチンの種類としては大きくわけると、二つのタイプです!

『種類』

1.壁付けタイプキッチン

2.対面タイプキッチン

3.アイランドキッチン

 

  • 壁付けタイプキッチンについて

 岡山 注文住宅 壁付け

壁付けキッチンは、注文住宅検討中のこんな人におすすめ!

・集中して料理をしたい、楽しみたい!

・調理中、家の様子が見えなくとも大丈夫な環境がある!

・調理スペースよりも間取りを広く使いたい!

その名の通り壁面に向かって設置されるキッチンのことです。これまで一般的なキッチンの形状はほとんどが、壁付けにくっつくようなタイプのキッチンだったのではないでしょうか? 壁に向かい調理ができるのでオーソドックスで、集中しやすいキッチンだと言われています。

 

『壁付けタイプキッチンのメリット』

・調理に集中しやすい

壁に向かって調理ができるので、注意散漫にならず好きな料理を存分に楽しむことができます。

・壁付けなので収納スペースが多く作れる

壁面に収納棚を設置したり、壁掛けフックなどを用いることで調理器具や食器などの収納スペースが多く取れます。

・限られた間取りを活かせる

壁面スペースを使うため、間取りに影響されにくく低スペースで抑えられます。リビングスペースなどを広く使いたい場合にはよりおススメです。

 

『壁付けタイプのデメリット』

・料理に集中しやすいが、家の中の様子が分かりにくい。

小さなお子様やペットなどいるなど、常に注意が場合に様子を見ながらでは料理に集中できにくい仕様となっています。注意散漫になると好きな料理も楽しめなくなってしまいますよね。

・家族とのコミュニケーションが取りにくい

声をかけられる取る度に、後ろを振り向かないといけないので、リビングにいる家族と会話をしながらや、リビングで流れるテレビを一緒に見たりという楽しめにくくなってしまいます。

 

 

  • 対面タイプキッチンについて

 4975772_m

対面タイプキッチンは、注文住宅検討中のこんな人におすすめ!

 ・料理の時間を、テレビなどを見たり有効に使いたい

・調理中にお子様やペットの様子を確認したい

・家族、友人など会話を楽しみながら料理がしたい

  

対面式で家の中を見渡しながら調理の出来る、リビングに向かい設置されるキッチンのことです。家族や来客とコミュニケーションが取りやすい対面式タイプキッチンは、調理だけではなく、調理後の食までもスムーズに行える人気があります。

  

 『対面式タイプキッチンのメリット』

・家族とのコミュニケーションが取りやすい、家の中の様子が見渡せる

対面式なので、家族の顔を見ながら料理ができるのと、小さなお子様やペットがいる場合に中の様子が見られるので安心して料理ができます。

・キッチンからリビングへ料理の受け渡しがしやすい

リビングへ伸びる対面式なので、料理が終えたお皿からそのままダイニングテーブルへ受け渡すこともできます。

・テレビを見ながらでも調理ができる、調理中も別のことが楽しめる

気になるテレビ番組が放送しているときにでも、番組を見ながら料理をすることができますし、洗いものなど時間のかかる作業中も退屈しにくくなります。洗い物の時間なんかが楽しい時間になるのは嬉しいですよね。

・リビングに向かって設置されるので空間がオシャレに見える

対面式で抜け感がでるので、空間が開放的でキッチン設備そのものがインテリア風に見えるオシャレな空間を演出します。

 

『デメリット』

・匂いが広がりやすい

リビングに向かっているタイプなので調理中の匂いが空間に広がりやすく気にする必要があります。また油跳ねなどがリビングに向かうことにも注意が必要となります。

・来客時に視線が集まりやすい

来客時にリビングにお客様をお通しする際などキッチンの中や様子が見られやすくなります。

・ある程度の間取り(広さ)が必要

 壁付けキッチンよりもスペースを取ってしまうため、空間がやや狭く感じることがあります。ある程度の広さがある間取りであれば問題ありませんが、間取りを間違えるとキッチンが圧迫感を与えてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

  • アイランドタイプキッチンについて

 422454_m

アイランドタイプキッチンは、注文住宅検討中のこんな人におすすめ!

 ・キッチンをインテリアのひとつとして間取りにいれたい

・空間の開放感を得たい

・家族、友人など会話を楽しみながら料理がしたい

 

対面式同様で家の中を見渡しながら調理の出来る、キッチンの四方が壁から離れているキッチンのことです。開放感とデザイン性が高いことから今流行りのキッチンタイプとなっています。 

 

 『アイランドタイプキッチンのメリット』

・開放感があって空間がスタイリッシュに見える

アイランドキッチンの最大の特徴はその開放感とインテリア性の高さではないでしょうか?四方が壁に面していないのでどこからも視線を遮られることもないので空間の主役のような存在となります。

・複数でキッチンを使うことができる

四方から出入りできるうえに、周囲グルリと人が立つことができるのでキッチンを使うひとが数人いても問題ありません。お客様を招いて、家族だけでのホームパーティーでもキッチンをそのまま立食スペースにしたりすることもできるのは魅力的ですよね 

・リビングにいる人たちと会話が楽しめる

対面式同様にリビングに向かって位置しているので、リビングにいる家族やお客様との会話も楽しくおこなうことができます。会話をして料理を楽しむことができるので、人をお家に招くことも楽しくなりますよね。

 

『デメリット』

アイランドキッチンのデメリットについては対面式タイプと共通する点が多くあります。

・匂いが広がりやすい

・来客時に視線が集まりやすい

などです。

そして特に注意すべき点は キッチンの中では一番間取りが必要ということ

 対面式キッチンよりも壁に面していないぶん間取りをかなり多くとります。また、設計段階では間取りに収まっているように見えてもいざ使ってみると通路が狭く感じたり、通路に一切ものを置くスペースができなかったりとする場合があるようなので特に注意が必要です。

 

ここまでがキッチンの種類についてのお話でした!

ここからは形についてお話していきますね。

 

形状も大きく分けてふたつ!

 

2キッチンの形について

  1. L字
  2. I字

 

 L字タイプについて

 4837220_m

L字タイプは、注文住宅検討中のこんな人におすすめ!

・キッチンスペースを大きく広くつくりたい!

・料理を楽に便利にたのしみたい!

・調理器具をしまわずに使いたい!

 

コンロとシンクが対角にある形で、システムキッチンの中では『料理がしやすい』『動きやすいから楽』といったお声が多いL字タイプ。料理から洗いものまで、殆ど移動せずにできるので広々としたスぺースで料理を楽しみたいという方にはおススメの形です(にこにこ)

 

 

 

『メリット』

・作業できるスペースが広い

L字キッチンはコンロとシンクが直角に配置されているので、コーナー部分に広い料理スペースを作ることができます。また、身体を大きく動かさなくても洗いものと料理が同時におこなえるので、料理済のもの、洗いものの仕分けが簡単にできるので時短にも繋がります!

・移動動線が真横では無いので複数での料理も出来る!

L字キッチンはI字キッチンに比べて真横に移動する距離が大幅に縮まっているので短い移動距離で料理ができます! 例えば、切った野菜をお鍋に盛り付けたり、シンクで水を入れたお鍋をコンロに持っていくなど、小さなことかもしれませんが多くの工程がある料理などストレスなくおこなえます。使い勝手よく家事の時間を短縮できるのはL字キッチンならではの良さですね! 

・スペースが広いので調理器具の収納にも便利!

 L字キッチンはスペースが広いので、キッチンの上に調理道具を置きっぱなしでも問題ありません!コーナーを上手く使えば、普段よく使う調理器具はそのままにしていても大丈夫です。いちいち扉を開いて調理器具を取り出すのは面倒だ・・・という方にもピッタリです!

  

『デメリット』

・コーナー(角)の部分を余らせやすい

コンロとシンク部分の角は、作業スペースを広くとれることにはなりますが、逆に使い勝手が悪くもなります。というのも、角部分は奥行きが広くなってしまうので『よく使うもの』を角に配置してしまうと取りにくくなったりして逆に非効率になってしまう場合があるからです。なので使い方によっては無駄なスペースになってしまうので注意が必要です。

・広いスペースを取る必要がある

L字キッチンは作業スペースが広くとれるのと同時に、L字にするだけの広い間取りが必要となってきます。無理にキッチンを大きくしてしまうと、リビングスペースが狭くなってしまうこともありますのでL字キッチンを選ぶ際には間取りとの関係性に注意しましょう!

 

I字タイプについて

岡山 注文住宅 壁付け 

I字タイプは、注文住宅検討中のこんな人におすすめ!

・キッチンスペースは出来るだけ小さくていい!

・調理器具が多いので収納が欲しい!

・使い慣れたタイプのキッチンがよい!

 

I字タイプのキッチンは、おそらく皆さんが一番多く使ってこられたキッチンの形ではないでしょうか?横にまっすぐに伸びたI字タイプは壁付けタイプで採用されることが多く、小スペースでもしっかりと料理を楽しむことができます。 

 

『メリット』

・狭いスペースでも採用できる

横に伸びるI字タイプはL字のように空間を多く使うことがありませんので、キッチンに多く間取りを取れない場合にはおススメです。また、真横への移動動線のみで料理ができるので料理道具の配置なども分かりやすく揃えられます。

 

・費用が安く抑えられる

I字キッチンの大きなメリットは費用が安く抑えられることです。その理由としては複雑な形状ではないので、キッチン自体の素材費や加工費などがL字に比べて安価に抑えられるからです。あまりキッチンにこだわりがない、シンプルに使いたい、という場合にはおススメです!

 

『デメリット』

・横に長くしすぎると動線が長くなってしまう

真横にしかキッチンスペースが取れないため、ついつい真横に長くしてしまうとその分移動動線が長くなってしまいます。シンクでお水を入れたお鍋を何歩も歩いてコンロへもっていくってかなりストレスですよね。また、キッチンを長くしすぎると『安価』というメリットも無くなる場合がありますので、必要以上の長さは作らないようにしましょう。

 

・壁付けタイプの場合キッチンの中が見えやすい

I型キッチンを採用する場合には壁付けが主流となっています。壁付けでI字タイプの場合、リビング、ダイニングからキッチンスペースが丸見えになってしまうので、家族以外のお客様やお友達にキッチンの中を見られたくない・・・という場合には注意が必要です。毎日キッチンを綺麗に片づけておく・・・というのも難しいですから・・・・。

 

 

以上、楽しいキッチン選びにはそれだけの情報が必要となってきます!

逆に言えばそれらの情報が整理できれば失敗しないキッチン選びができるのです。

 

 

けれど・・・

「自分がどういったキッチンが良いのかまだ整理できていない」

「プロの意見も聞いて、相談にのってほしい」

 

というお客様も多いのではないでしょうか?

 

ご安心ください!

 

わたしたち岡本製作所はこれまで数多くのお客様と膝を突き合わせて、納得のいくお家作りを行なってきました。お客様が気づきにくい失敗例から、対策まで適切なアドバイスから、素敵なお家を作ること手間を惜しみません!

キッチンに関しても、長年の経験からお客様に最適なキッチン選びについてもサポートしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

 

ご相談は無料にて行っておりますので、ぜひ一度、お問い合わせいただければと思います^^

(有)岡本製作所 ⇦クリックでHPに飛べます

〒703-8282 

岡山県岡山市中区平井6丁目8-31

TEL:086-272-1924

 


«

»