注文住宅なら鉄骨、木造、RC住宅まで幅広いご対応が可能、岡本製作所は創業50年の建設会社です

お問い合わせ

電話番号:086-272-1924


2021年3月22日

岡山で平屋を考えられている方!鉄骨のデメリットとメリットを知っていますか?

main

こんにちは!

岡山で注文住宅なら 鉄骨・木造・RC住宅などの幅広いご対応が可能な㈲岡本製作所の広報です

今回は、平屋をお考えの方が気になる「平屋の鉄骨住宅のデメリットとメリット」についてお話していきたいと思います

 

鉄骨住宅で平屋を建てる!

鉄骨といっても、大きく分けて2種類があるのは知っていますか???

それは「重量鉄骨」と「軽量鉄骨」です!それぞれを簡単に説明していきます^^

 

重量鉄骨

重量鉄骨は、厚さが6mm以上の鋼材のことを指し、こちらは3階以上のマンションやビルなどに使われる工法の為、平屋には適していません。
重量鉄骨の方が名前からして重たくで丈夫!!というイメージもあるかと思いますが、軽量鉄骨よりも大幅なコストアップになってしまい一般の注文住宅には向きません。

IMG_3751

軽量鉄骨

軽量鉄骨とは、厚さが6mm以下の鋼材のことを指し、この鋼材を使って建てる住宅を軽量鉄骨構造と言います。軽量鉄骨に比べ、軽量の為コストも安いため平屋や2階建ての家に向いている鉄骨です。

2578905_m

平屋を鉄骨造で建てるには構造計算が必要となります!

住宅には固定荷重、地震荷重、積雪荷重などの様々な力がかかるため、その住宅が安全を保てるかを設計段階でしっかりと検討する必要があります。

2210847_m

平屋を鉄骨で建てるメリットやデメリットは?

メリット

①柱や壁を減らして開放感のある間取りが可能
こちらの理由で鉄骨住宅をお考えの方は多いのではないでしょうか?
住宅の主要部分が頑丈な鉄骨でつくられているので、木造住宅と比較して住宅を支えるための柱や壁の量が少なく済みます。
広いリビングや吹き抜け、大きな窓などをつくり、開放感のある間取りが実現可能です。

main

②丈夫な家が出来る!
こちらはご存知な方が多いと思いますが、木造住宅よりも鉄骨住宅の方が耐震面では強いです。
耐震性が高いということは、家としての寿命も長いということがいえます。近年、東日本大震災や熊本地震など多くの災害も実際におきており、建物の丈夫さはもはや平屋であっても必須です。

③木造住宅よりも火災保険料が安い
鉄骨造住宅は木造住宅と比較して火災保険料が安くなります。
保険料の算定に、構造の材質が影響しているためです。

 

デメリット

火災に強くない
木造と鉄骨では、実は鉄骨の方が火災に弱いと言えます!!
鉄骨自体は不燃材料であることは間違いありませんが、摂氏550℃ほどで急激に強度が失われ、一気に崩壊する恐れがあります。

建築費が高くなる
建築費は木造よりも鉄骨の方が割高にはなってしまいます。
平均坪単価で言うと、

木造:40~60万

鉄骨造:50~80万

鉄筋コンクリート造:70~100万

くらいが相場といわれています。

 

新築で鉄骨住宅と木造住宅のどちらを選ぶべき?

鉄骨住宅と木造住宅どちらか一方が特別良い・悪いということはありません。それぞれの特徴やメリット・デメリットを知り、理想の家を建てられる構造を選びましょう。
例えば「コストを重視したい」「断熱性の高い家を作りたい」という希望なら木造、「広いリビングや壁一面の窓を作りたい」という希望なら鉄骨住宅がよいかもしれません。
もちろん、

鉄骨住宅だから・木造住宅だから必ずしもコレができない!とも限りません^^
ハウスメーカーや工務店ごとに得意な構造や工法もあるでしょう。まずはどんな家に住みたいのか、どんな暮らしをしたいのかといったイメージを具体的に固め、ハウスメーカーと相談しながら構造を決めていくと良いですね。

 

先ずはご相談ください!

創業50年、信頼のノウハウを生かし徹底した自社施工により実現したハイクオリティ!
鉄骨建設なら岡本製作所におまかせください!
岡本製作所では施工工程をすべて自社で行い、徹底した低価格を実現しました。様々な用途に対応する鉄骨建設をお考えのお客様はぜひ岡本製作所にお問い合わせください^^

 

(有)岡本製作所 ⇦クリックでHPに飛べます

〒703-8282 

岡山県岡山市中区平井6丁目8-31

TEL:086-272-1924


«

»