注文住宅なら鉄骨、木造、RC住宅まで幅広いご対応が可能、岡本製作所は創業50年の建設会社です

お問い合わせ

電話番号:086-272-1924


2022年3月1日

農業用倉庫の建て替えは鉄骨倉庫!岡山の農業用倉庫は岡本製作所に!

こんにちは✨

岡山で鉄骨住宅・倉庫・事務所の建築なら有限会社岡本製作所の岡本です!

 

農業に携われている方で、トラクターやコンバインを保管する農業用倉庫をお持ちの方は多いことでしょう。そんな農業には欠かせない農機具や軽トラックの格納につかう農業用倉庫ですが「かなり昔に建てたまま・・・何も手入れをしていない」という方はいらっしゃいませんか?

 

現に岡山の町を運転していても古い農業用倉庫に軽トラックやトラクターが格納されていることをよく見かけます😅

そんな農業用倉庫は要注意!

劣化が進んだ倉庫は様々なトラブルを引き起こします!

2160758_m

今回のブログでは、そんな農業用倉庫をお持ちの方で「建て直しを検討されている方」に向けて鉄骨で建て直しをすると効果をご紹介してまいります!

 

ぜひ農業用倉庫を建て替えの際には鉄骨をご検討してみてくださいね^^

 

 

劣化が進んだ農業用倉庫を放置するとどうなるんだろう?

 

・自然災害で建物が崩壊してしまう危険性があります!

農業用倉庫は農地内に設置されている倉庫のため、周囲に何もないことが多く、直接、雨や風、紫外線などを受けてしまいます💦そのため、木材を使って建てられている倉庫の場合は特に「腐りやすい」ことがあります😅

一般住宅よりも厳しい環境におかれることが多いため、自然気候による劣化にも注意が必要となりす。
さらに農地から湧き出る虫が木材を食べてしまうケースも少なくなく「虫食い」の可能性もグンとあがってしまいます💧

 

・農機具に悪影響

木材には本来「調湿作用」(湿気を吸収) がありますが劣化によりこの機能はどんどんと失われてしまいます⤵︎
そのため、建物自体の劣化はもちろん。農機具が錆びやすくなったりと、様々な悪影響を及ぼしてしまいます💦

23123895_m

「劣化してしまった農業用倉庫は本来の役割を果たせなくなっている」ということをしっかりと理解しておきましょう。大切な農機具を守るための倉庫が何も機能していないばかりか、悪影響に繋がっているとなればとってももったいないですよね

 

 

だからこそ!

農業用倉庫には鉄骨がおすすめ!

以上のことから、厳しい環境にある農業用倉庫には高い耐久性をもった丈夫な鉄骨造がおすすめです✨
鉄骨と聞くといくつもの重たい骨組みがぎっしりと組まれた建物で、基礎作りから大掛かりな作業を想像する方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうでなく、主要となる骨だけに鉄骨を使うため意外と軽量で、大掛かりな基礎工事も必要ありません!
※土地の状況によります。

 

鉄骨にすると期待できるかご紹介

ここからは、鉄骨にするとどんな効果が期待できるかご紹介していきます〜^^

 

その1
天候・気候に左右されない耐久性

一見、鉄骨は錆びやすいと思われることもあるかもしれませんが、防腐剤を塗布された鉄骨は非常に高い防錆性を備えます。地震や台風などの自然災害にも強く、最近では熊本で大地震があった際に一帯の倉庫や納屋が倒壊してしまった農業経営者様が「鉄骨にしていればよかった」という声があがるほどです

昨今は自然災害が非常に多く、稀に見るほどの規模に発展してしまうこともあるのでそういった自然災害を意識する場合にも鉄骨はおすすめです!

 

その2
柱の制限のない自由な間取りが設計できる

木造の場合は耐震性などを考慮して「絶対に抜けない柱」が存在します。例えば、その柱が空間の中央に位置してしまうと思ったような間取りが組めないことがあります

その点鉄骨であれば骨組み自体が耐久性が優れているので、外枠をぐるりと囲うだけでも基本OK!

最近では軽トラック、コンバイン、トラクターなど、大型の農機具を三台横並びに保管する方も多く、いざ建ててから農機具が増えた際に「しまった、はいらない」といった事態を防ぐことができます!

292179_m

その3
比較的安価に押さえられる

先ほどもご説明した通り、倉庫で使う鉄骨はあまり多くありません。一般的な住宅で考えた際に、木造と鉄骨だと約20%〜30%の価格差があると言われていますが、倉庫の場合だと使う材料の量多くないため、他建築物の鉄骨造りよりも飛び抜けて高いといったケースはあまりありません

 

鉄骨農業用倉庫の価格はいくら?

ここからは鉄骨農業用倉庫の価格の一例をご紹介します✨

 

倉庫の軒高:3.5mのケース

3.5mの農業用倉庫の目安としては大型のトラクターや三条刈コンバイン、軽トラックが収まる中規模の農業用倉庫です。

価格の目安:300万円〜500万円

 

軒高:5mのケース

5mの農業用倉庫の目安としては大型の農機具や軽車両の格納が可能な大規模農家向けのサイズとなります。

価格の目安:約500万円〜700万円

 

 

価格を抑える為のポイント

鉄骨造りであれば「自社施工の業者」を選ぶことでより価格を抑えることが可能となります。

自社施工とは材料の作製から建築までを全て1社が引き受けることを指します。

通常であれば元請から下請けへ工事を依頼したりすることで「中間マージン=手数料」が発生してしまい、予算があがってしまいます。

2629181

自社施工の会社を選べば、先ほどご説明した木造との価格差を大幅に縮めることにもつながりますので、業者を選ぶ際には自社施工の建築会社をお薦めします

 

まとめ

いかがでしょうか?

ここまで劣化した農業用倉庫の危険性や、鉄骨で建築するにあたっての効果をご説明してまいりました✨

 

「農業経営を支える施設のひとつとして、農業用倉庫は長持ちすること」

「大切な農機具をしっかりと守ることができる」

 

それを叶えるために、鉄骨での建築をお薦めしております❗️

 

岡山県内で鉄骨での農業用倉庫建て替えを検討している方がいらっしゃればmぜひ岡本製作所にお問合せください❗️

岡本製作所は長年の鉄骨業を基にした製造と建築までをおこなう「完全自社施工」で、中間マージンを抑え、ベストな価格で高品質な倉庫建築をお手伝いします!

 

もちろん、ご相談、お見積りは無料なのでご安心ください
とてもアットホームな会社なのでどんどん質問も行えると嬉しいお声もいただいております
また、強引な営業は一切行いませんのでご安心ください

(有)岡本製作所 ⇦クリックでHPに飛べます

〒703-8282 

岡山県岡山市中区平井6丁目8-31

TEL:086-272-1924

 


«

»