注文住宅なら鉄骨、木造、RC住宅まで幅広いご対応が可能、岡本製作所は創業50年の建設会社です

お問い合わせ

電話番号:086-272-1924


2022年4月5日

倉庫リフォームで新しい利用価値を!どんな活用方法がある?をご紹介

みなさんこんにちは!

 

岡山で鉄骨住宅・倉庫・事務所の建築なら有限会社岡本製作所へ!の岡本です😆✨

 

突然ですが・・・

古くなったり、経営都合上で使わなくなった倉庫

そのままの状態にしてはいませんか?

 

3091464_m

 

事業を辞めたので以前のように使い道がなくなったという方。

再利用について良いアイディアがないといった方。

老朽化が進んでどうにも使えなくなったという方など理由は様々あると思います。

 

しかし、数百万円の費用をかけて建築した倉庫が、手付かず使わずの状態になっているととってももったいないことですよね・・・!😰💦

なのでできるだけ、再活用できるようにしたいもの❗️

 

今回のブログでは、そんなお悩みを抱えた方に向けて、倉庫のリフォームや再活用事例をご紹介してまいります❗️🏡

是非今お持ちの倉庫の<リフォームや再活用の参考>にしてみてくださいね🐶❗️

 

目次

はじめに 倉庫リフォームについての基礎知識

リフォーム事例

倉庫リフォームが人気の理由

まとめ

 

< はじめに 倉庫リフォームについての基礎知識 >

23320025_s

街の中にあるおしゃれなカフェやブティック「おしゃれな外見だな〜」

なんて思いながら見ている物件が実は元々倉庫だったということは今や珍しくありません。

元々が倉庫として使われていた間取りや耐久性の良さに影響して、中古で倉庫を購入しリノベーションを加えるといった方も増えてきているほど<元々倉庫の建物の再利用>は注目されている分野なんです!

 

注目されているということはつまりリフォーム後の資産価値もあがる可能性があるということ❗️

 

リフォームした後の売却などを考えれば損をするリスクは軽減されていると言えるのではないでしょうか?

今のトレンドをしっかり理解しておくことがリフォームに向けた前向きな一歩になるかもしれません😆😆

 

< 倉庫リフォームの事例 >

倉庫をリフォームし再利用する代表的な例は大きく分けて3つ❗️

ここからは簡単に施工事例をご紹介してまいりますね🐶

 

(1)住宅化 (2)店舗化 (3)オフィス化

 

  • 住宅化🏡

家

手続きが面倒かな〜という方もいるかもしれませんが、実は個人の所有倉庫であれば、住宅への転用は比較的容易におこなえます❗️また、一般的な住宅と違い柱の数が大幅に少ないため、開放感のある空間を造ることが可能😆❗️

すでにご自宅を所有している場合でも『離れや別宅』といった位置づけで利用することができ、倉庫の持ち味を活かすことで他にはない居住空間を作れます❗️

 

  • 店舗化

オフィス

近頃のトレンドとして最も人気のあるのが、この店舗化です🏢

倉庫の特性として物をたくさん収納できるという点を活かし、倉庫機能はそのままに一部店舗機能を加えることで機能的で開放感溢れる店舗を造ることができます。元々物販を生業としていた方であればなおさら!

自社の倉庫を店舗にしてしまい利用したり、商品メーカーと提携して店舗化した倉庫を販売したりと様々な方法があります🐶🐕✨

 

  • オフィス化

23251395_s

リモートワークの普及によって賃貸オフィスを無くす企業も増えてきました。そこで注目されているのが倉庫のオフィス化です。先ほどご紹介した店舗化同様に、倉庫特有の機能を活かした物件を作ることができます。

例えば自社商品在庫の倉庫保管機能をそのままに一部オフィスとしてリフォームすることで在庫をリアルタイムで管理、出荷のできる効率的なオフィスとして機能することができます。

 

< 倉庫リフォームが人気の理由 >

 

元々倉庫だからこそできるデザイン性の高さ、内装の自由設計が人気の理由

23411969_s

 

ここまで倉庫のリフォーム事例をご紹介してまいりましたが、倉庫リフォームが人気の理由は倉庫ならではの機能性と比較的コストが抑えられる点が人気の理由と言えるでしょう😁

元々倉庫というものは物を保管するうえでの耐久性と搬入・搬出性を高める間取りの少ない動線設計が備わっています。

なので、イチからの建て替えや全面改装をおこなうのではなく一部改良を施すだけで実用的な物件へと早変わりしてくれるのです❗️

ちょっと工夫をするだけで元が倉庫なだけで様々なメリットが生まれるのは嬉しいことですよねっ❗️❗️

 

内装の設計はこだわりを持つことをおすすめします

先ほどご説明した通り、倉庫の元々の機能は「物の格納と保管」です。

なので居住性を高めるためには内装作りにこだわりをもつことをおすすめします。

例えば棚や机の配置など、無駄な空間を作らずスペースを有効活用できる仕組みを考える必要があるのです。

従来の居住性のある一軒家であれば壁際に壁や棚を配置したりと容易にレイアウトを決めることができますが、元が倉庫の場合はそうもいきません。

元々の倉庫機能を活かした新しい動線設計を念頭にリフォームをおこなっていきましょう。

 

< まとめ >

業者選びは、倉庫と住宅・店舗・オフィス建築などの経験のある業者を。

あくまでも倉庫の良さを活かしながらも新しい利用価値を探すうえで、機能性の取捨選択は必要不可欠。

しかし、一般的なハウスメーカーや倉庫建築に特化した建築業者だと、どうしても設計段階で得意不得意が分かれ、得意分野にバランスが傾きがちなものです。

バランスが崩れるとなると、元が倉庫であった強みが失われてしまい、逆に使い勝手の悪い物件となってしまう可能性も十分にあるので注意が必要です。

ですので、リフォームをおこなう際の業者はそのどちらにも実績のある業者を選ぶことをおすすめします!

 

岡本製作所では鉄の強みを活かした設計を中心として、

倉庫はもちろん、店舗・オフィス・一般住宅など様々な分野の実績でお客様にベストなプランをご提案しております。

DSC_0100

 

前向きにリフォームを検討したい、という方で

「業者選びから苦労しそうだな😰」

という方がいらっしゃれば、是非岡本製作所へご相談ください❗️

 

わたしたち岡本製作所は鉄骨建築の自由設計を強みとして、大型ビルやテナント、店舗など、様々な建物の建築に関わってきました。

 

鉄骨ならではの自由な設計力を活かしてお客様の要望に応えるベストな設計をご提案します。

まずは相談だけでも・・・という方でもかまいません。

お気軽にお問合せください!

もちろん、強引な営業は一切行いませんのでご安心くださいね❗️

(有)岡本製作所 ⇦クリックでHPに飛べます

〒703-8282 

岡山県岡山市中区平井6丁目8-31

TEL:086-272-1924

 


«

»